ヨーロッパで誕生したPleatPackは、2020年日本に上陸しクラウドファンディングに挑戦。
たった2カ月で合計3,500万円以上の支援を集め、2020年度最も支援を集めたバックパックに選ばれました。
その理由は「デザインと機能性」の両立

デザインはいいけど、使い勝手が良くない。
多機能だけど、デザインがイマイチ。
そんな悩みに応え、オンオフ対応可能な究極のバックパックが開発されました。
Max16ℓの拡張機能を含む20を超える便利機能と、スタイリッシュなデザインを是非ご覧ください!

魅力Ⅰ 無駄をそぎ落とした
スタイリッシュなデザイン!

Pleat Packのコンセプトは、「常にスタイリッシュであり続けること」です。
CEOのDmitryはチームのメンバーと何百、何千もの議論を重ね、私たち使用者が気づいていないような細かいポイントにも工夫を施してきました。

デザインを損なわない工夫

神は細部に宿ります!

一般的にバックパックには、ショルダーベルトを調整するストラップベルトが付属していますが、垂れ下がっていたら邪魔になりますし、見栄えも悪くなってしまいます。

そこで、ストラップを小さくまとめるためのバンドを設置し、垂れ下がることのないようにデザインされています。
通常は、バッグの側面にあるドリンクホルダーもあえて内部に設置。
360度どこから見ても、無駄のないデザインを実現いたしました。

魅力Ⅱ 作りこまれた20の便利機能

見た目はスタイリッシュに、でも使い心地を追求した機能が隅々に施されています
日々の生活での利用シーンを想像してみてください!
メインポケットを開くことなく取り出し可能!
財布やサングラスなどを収納可能な隠しポケットがバッグ上部に付属し、日常利用だけでなくパスポートなど貴重品が不安な海外旅行にも対応いたします。
両肩のショルダーポケットにはカードやイヤホンなどの小物を収納しいつでも出し入れ可能です!

様々なシーンでの持ち運びを叶えるためのハンドルやスーツケース利用を想定したラゲッジストラップももちろん備えています!

作り込まれた収納設計

アイテムはいつもの定位置に!
通常よりも厚い緩衝材を使用したことで、PCやタブレットなど、ビジネスアイテムにも完全対応し、安全に持ち運ぶことが可能。
また1つ目のメイン収納は、Max180度の開閉が可能なため出し入れも簡単です。
内部のポケットも大小合わせて6つ。
バックパックの中が散らかることなく日々のアイテムを持ち運びできます。
2つ目のメイン収納にも2つのポケットが付属し、書類やファイル、書籍などのビジネスまわりだけでなく、服やシューズなどジム用品から出張セットまで様々なものを収納可能。

マグネット式拡張機能

必要な時に必要な分だけ!
収納を作り込んだことで、通常時はスリムでも使い勝手は抜群。
また、荷物が多い日でもその見た目を損なわない工夫が施されています。

通常の拡張型バックパックと異なり、マグネットしきで段階的に必要な分だけ拡張していくため、無駄にだぶついた印象を与えることもありません。

拡張してもスタイリッシュな見た目を保ち続けるために、実に2年もの試行錯誤を重ね、このデザインが完成いたしました。

ギャラリー