忙しく過ごす日々の中で"ホッと"するひと時はありますか?

ティーポットGEMは、あなたのティー体験を"視覚と味覚"で演出し、暮らしやお仕事のシーンにいい"一区切り"をもたらす新しい習慣を実現します。

About GEM

働き方に大きな変化が起きている昨今。
ふと考えごとをしたり、頭のオンオフを切り替える"一区切り"が少なくなったと感じます。

集中力を保つためには適度な休憩が必要とされていますが、リモートワークなどでずっと同じ環境で過ごしている場合、気持ちの切り替えやリフレッシュが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

今まで「移動時間」や「同僚との何気ない会話」でできていた何気ない息抜きや脳の切り替えの機会が失われていることが原因の一つかもしれません。

How to use

「GEM」は、急須、温度計、インフューザー(茶こし)、カップという4つのシンプルなパーツで、視覚と味覚で楽しむ飲茶体験を実現します。
測温計にハンドルを取り付け、沸騰したお湯をティーポットに注ぎ入れます。
測温計をセットし、測温計表面を確認しながら、使用する茶葉に適した温度に下がるまで待ちます。
お茶には、茶葉ごとに最適な温度・抽出時間があることはご存知ですか?
同じ茶葉を使用した場合でも異なる条件下で淹れられた場合は抽出される成分が変わるため、結果として味が違うものになってしまうのです。
「GEM」なら、その時の気分や茶葉に合わせた抽出方法で繊細な変化を楽しむことが可能です。

測温計は、温度を目で見ることができるデザイン。複雑な茶道のプロセスを、より明確・簡単にするために、設計されています。

温度の動きをじっと見つめていると、まるで瞑想を行っているようで、お茶の味わいだけでなく、"お茶を飲む行為"そのものが味わい深いものと変わっていきます。

お湯が適温になったら、インフューザー(茶こし)へ茶葉を適量入れます。
※茶葉とティーバッグのどちらもお使いいただけます。
インフューザーを測温計にセットし、ティーポットへ取り付けます。
あとは、茶葉ごとに設定された抽出時間が経つまで待ちます。
測温計とインフューザーは、は磁石でスムーズに取り付けることが可能です。使いやすさを重視したユーザーフレンドリーな設計。
完成したお茶は付属のカップで何回かに分けて楽しむほか、お気に入りのティーカップや湯飲みでもお楽しみいただけます。
忙しい時間の合間にちょっと一服、お茶の奥深い味わいを楽しみましょう。